社会保険労務士になるには?

社会保険労務士とは社会保険や労働に関する法律および人事、労務管理などのスペシャリストです。
人員の採用から退職までにまつわるさまざまな労働問題、社会保険に関わる問題等を解決してくれる存在です。
また年金の相談等にも応じてもらうことができます。
企業経営の理念として、よく3つの要素があると言われており、それは「ヒト」「モノ」「カネ」の3つなのですが、そのうちの「ヒト」にまつわる諸問題を解決してくれるのが社会保険労務士だと思って頂くと良いでしょう。
社会保険労務士の職に就くには資格が必要で、厚生労働大臣によって年一度実施されている社会保険労務士試験に合格しなければなりません。
さらにそれに加えて2年以上の実務経験も必要となっています。